ふと潰して吐出したく向かう

洗顔後の何もしていない表皮を見ていると、毛孔にある縁栓を考えることがあります。

とりわけハナの部分に多いから、はからずも自分の指で押しつぶしてにゅるっと縁栓を押し出してしまうことがあるんだけど、これってやっちゃいけないことなんですよね。

やっちゃいけないは分かっているのに、キレイにもたらすことが出来たら大丈夫なのでは?としてやってしまうんですよ。

毎度やってしまった後に悔恨をしてしまうのですが、最近では自分のしかたを使わずに専用の構成を使うようにしています。

用法も説明書を参考にして用いるので、恐らく手で縁栓を出していた内よりは負担をかけていないと思います。

ただ構成を剥がした後半、ハナが赤くなって乾きという痒くなるような感じがするので、もしかしたら無視を通しておくタイミングを長く取りすぎているのかもしれません。

ひとまず決められているタイミング内で締め括るようにはしていますが、間違った用法はやりすぎは良くないと聞いたので、注意をしないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です