婦人が仰山怖くなったときの話をする

うちの女房は幼子第一の他人。小さい頃から他の何よりも幼子のことを優先してくれていたのを覚えています。

どんなに実態が悪くても、気を失うまで幼子のために動き回って、叱りつけるときは冷静に、幼子の状勢にたって叱ってくれていました。当然、焦る、じゃなくて、怒る、だ。

別に自身が落ち込んだ時折、どうしてそこまで…というほど心配してくれて、あんな女房に何度も活気置きられました。まわりの他人全てが敵手になっても、女房だけは追い風だと信じていました。

だが、自身がハイスクール3時代くらいのあたりからかなり厳しくなりました。それまでも優しさによる厳しさはありましたが、その頃感じていたのは滅茶滅茶ともいえるような厳しさでした。

カレッジ受験を控えているから厳しくしているのかもしれないと思いました。けど、キャラクターを否定するような広告を言われたり、挙げ句「あなたの育て方は失敗した!」と言われました。あなたは失態作品というようで、儚くて秘訣なかったです。

社会人になってしばらくして、女房が説明してくれたことがあります。ハイスクールの、厳しくなっていたあたりは、ぎゅっと更年期障害が出始めた時だったそうです。更年期障害は、不必要なまでに苛苛したり悲しくなったり、当人是認ができなくなり周囲に当たり散らすなどの変調がでるもので、女性の場合は閉経によって現れます。個人差があります。

こういう講話をした時折変調は相当気持ちよくなってきたと言っていましたが、でも激しい恐れを感じることがあるみたいでした。

更年期障害の人の周囲では、再三著しい広告や滅茶滅茶な理由で怒られます。生理前の変調に似ているかもしれません。人によっては10時代限り貫くこともあるそうです。周りに要る他人はたまったものではありませんね。

けど、最高峰きついのは自己だと知ってほしいと思います。私の女房はとても適切他人だ。ですから、更年期障害で他人が変わったようになっても嫌いにはなりませんでした。

しんどい際、どうほしかった?って女房に聞いたことがあります。「耐え難い意気込みをわかろうとしてほしかった」って答えてくれました。

誰にでも起きるかもしれない更年期障害。もう一度そのソリューションが世の中に広まってくれたらと思います。お腹の調子が悪いから乳酸菌を摂りたい。何を食べればいいの?