最初って両者まぶたのおめでた期の違いについて

最初といった両人眼の妊娠期の違いについて

両人眼になると大いに油断する。すごく油断する。
最初は、お酒はもちろんコーヒーやカフェインのお茶は飲まないし、甘いものや大好きな牡蠣やお鮨も食べないようにして、ウェイト指揮に努めた。
一方、両人眼は披露宴などではお酒を呑み、スイーツバッフェにも赴き、お鮨も生牡蠣もためらいなく食べた。
ウェイトの増減は結果的に最初も両人眼も貫く。妊娠前から6ー8間隔増えたくらいで、むくみとかダメージはなかった。
これは妊娠前から変わらないけど、添加物の多いディナーは控えるように。薬は飲まない。サプリメントは取らなかった。
前はどんなに摂るか気にしていたので、胸で食べておるとこがあった。つまり、それ食べたらボディーが冷えるなあとか、カルシウムの体得阻害するなあとか、有機がいいなあとか考えから、摂るためのボディーへの営みが気になって、奥さんにボディーに悪いものを求められたりするとイラついたりしたタイプだったけど、今はボディーが食べたいタイプや面白く採り入れるポイントのほうが良いことに思えるようになっていた。

考えにいきなり余裕があるもので、両人眼も最初は逆子だったけど、やがて間もなく治るだろうと思えた。最初の逆子のときはメソメソしていた。
こゆこは今後も子育てにおいても同一ですという。最初はああでなきゃこうでなきゃと眼を光らせるけど、両人おるため、最初に対しても素晴らしい具合に気が抜ける筈。良いことです。シミの原因であるメラニンを除去したい。